平成27年度第5回介護予防指導者養成

IMG_2421     

9月17日(木)「大笑い、健康プログラムで笑いヨガ」というテーマで、笑いヨガティーチャーの佐藤志穂先生をお招きして大笑いの楽しい時間を過ごしました。

 

「笑いヨガ」とは笑う体操とヨガを組み合わせたものです。佐藤先生はレクリエーションワーカーとしても活躍されていて、その活動の中で、訪問している施設の利用者さんに笑顔になって頂きたいとの思いから笑いヨガインストラクターを取得されたそうです。IMG_2464

 

はじめに「~笑いは心の栄養源~」と題して、お話をお聴きしました。

人は1日に何回ぐらい笑うのでしょうか?子どもは日に平均300~400回無邪気に笑っているとのデータがあるそうです。歳を重ねるほどに笑うことから離れてしまう方も多いようですよ。

笑うことで「脳の活性化」「免疫力のアップ」「人間関係の円滑化」の効果が期待できるそうです。また、笑うことで、自然に腹式呼吸ができ体いっぱい酸素を取り入れることができます。心が落ち着かないときは、とかく呼吸は浅いものです。笑いヨガをすることで、呼吸が深くなり、心の安定も図れるのですね。IMG_2481

 

お話を伺ったあとは、いよいよ実践です。

最近、口呼吸をされている方が多いのですが、鼻呼吸に変えていく体操として「あいうべー体操」があります。「笑いヨガ」にこの体操を取り入れて体験してみました。「ほ」「ほ」「ははは」声と体をいっぱいに使って、会場いっぱいにみなさんの声と笑顔が広がっていきます。動作を繰り返すうちになんだか楽しい気持ちになってきました。1分間の大笑いは、10分間のジョギングに等しいそIMG_2485うですよ。あんまり笑いすぎて「顔の筋肉が少し痛いわ」「気持ちがすっきりする」との声が聞こえてきました。

 

最後はゆったり床に寝転んで、リラックスです。気持ちよくてウトウトしてしまった方もいらっしゃったようですよ。

先生から「今日は、笑いの種を持ち帰ってくださいね。」との言葉をいただいて楽しい時間は終了となりました。ありがとうございまいました。

 

IMG_2487