平成27年度第5回介護予防地区指導者レベルアップ研修

IMG_2397 

9月14日(月)健康づくり課と共同開催で「命を支え合う地域をつくるために ゲートキーパー講座(第1回)」がありました。ゲートキーパーを皆さんはご存知ですか?周りの人の変化に気づき、話を聞いて見守り、相談機関へつなぐ存在を「ゲートキーパー(自殺予防のための命の門番)」と呼びます。大切ないのちを守るために理解を深めていただき、問題を抱えていらっしゃる方や孤独の中で追い詰められた方がお一人でも救われる機会が増えることを願って今回、共同開催としました。こちらの講座は全4回の開催です。

 

第一回目の今回のテーマは「周りの人の変化に気づくには」ということで、メンタルサポートそよかぜ病院副院長 喜多等先生にお話を伺いました。IMG_2402

たいへん興味深い話で、みなさん熱心に聞き入っていらっしゃいました。

 

続いて、小山保健師よりお話を伺いました。自死を予防するために周りの方ができる4つのキーワードとして

①「気づき」→身近な人が“いつもと違う”ことに気づいたら声をかけてみましょう。

②「傾聴」→直接的な解決にならなくても、聴いてもらうと、気持ちが楽になることがあります。IMG_2406

寄り添い、共感することで、相手に「あなたは、けっしてひとりじゃない」と伝えることが大切です。

③「つなぎ」→難しく思える問題でも、解決の糸口はあるものです。専門家につなぐことで具体的な解決法が見つかるかもしれません。

④「見守り」→お互いに支え、助け合っていける環境をつくり、大切な命を守り合っていきましょう。

 

 次回は2回に渡り「聞き上手になるコツ」と題して、相手の気持ちを尊重し、耳を傾ける「傾聴」について学びます。IMG_2410