健康達人つうしん 8月

IMG_1838    8月は「知って得するくすりの管理」です。「薬」は今年新たに加わったテーマです。

 

まずは、みなさんストレットで体をほぐします。

 

今回は、「おくすり手帳」と「残薬」についてです。

「おくすり手帳」をお持ちの方は多いと思います。この手帳を上手に利用することで、よくない飲み合わせを未然に防いだり、副作用の再発を防止できます。また、薬を飲んだ時の体調の変化や気になったこと、相談したいことなどを手帳に書いておIMG_1843くのもいいですね。

 

飲み切れなかったお薬を「残薬」といいます。このようなお薬を皆さんは、どうされていますか?薬局屋さんに持っていくと、薬の数や今飲んでいる薬を確認し処方日数を調整してくださるそうです。また、薬の種類が多くて…とお悩みの方、お薬を一つにまとめる一包化(有料)など、その方にあった薬の飲み方を「町の薬剤師さん」は一緒に考えてくださいます。

お薬に対しての不安や生活面の不安を気軽に話せるかかりつけの薬剤師をもっておくと、安全安心な生活が期待できますね。

 IMG_1856

この日も『もし外出先で倒れたときが心配だから、私はいつもカバンに「おくすり手帳」を持っているよ』『これからは、私もお医者さんにかかるときは、持っていくよ!』などの声が聞かれました。

 

お薬と上手に付き合って、体調が少しでもよくなるといいですね。

(写真は健康達人大杭区らぶの様子です。)

 

 

IMG_1878

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1898