『第2回 法人内研修会』

地域福祉活動計画策定に向けて2回目の法人内研修会を開催いたしました。

本日も長野県社会福祉協議会から講師をお招きし、講義とグループワークを通し、地域福祉活動計画について学びました。

「どのような小諸市にしたいか?」「どのような社協にしたいか?」というテーマで行われたグループワークでは様々な意見が出されていました。

講師から具体的な言及はありませんでしたが

「どのような小諸市にしたいか?」⇒小諸市地域福祉活動計画が目指すべき理想像

「どのような社協にしたいか?」⇒上記理想を実現するための一つの手段として社協を見つめなおす

といったところだった気がします。

最後に講師から「こ・も・ろ」をキーワードとした以下の言葉をいただいたので紹介します。

こ・・・困っている人に手が届く

も・・・「もう駄目だ」ではなく「まだ行ける!」

ろ・・・論ずるより行動を