介護予防の取組の様子(ブログ)

6月2日(木)井子区の介護予防教室に伺いました。この日は、長岡賢司さんを招いて木工クラフトを楽しみました。趣味が山歩きの長岡さん、山で出会った木の実や枝を使って、何か自然体験的なことができないかと始められたそうです。目の前に並んだ素材を前に、参加者のみなさんが楽しそうに選んで、おもいおもいに紐に通していきます。

材料は自然の物なので形も大きさも様々です。そこへ作る皆さんの発想が加わって、出来上がった作品はどれも個性的で素敵な作品に仕上がりました。夢中であっという間の時間でした。

 

5月20日(金)四ツ谷区のげんき会に伺いました。げんき会は毎月第3金曜日の午後開かれています。活動をはじめて、15年が過ぎるそうです。この会の合言葉は「集ってみんなで笑い合おう」です。

歌を歌い、心もカラダもリラックス。続いて手遊び、お手玉、ボール投げ次第に皆さんの弾ける笑顔が広がって、楽しかったら笑う、失敗しちゃっても笑う、目が合うだけで笑い合う。楽しい気持ちが満開の時間は瞬く間に過ぎ、最後は深呼吸でクールダウン。その後「舌切りすずめ」の話に耳を傾けて今月はお開きとなりました。以前は、地区指導者の皆さんで内容を検討していましたが、今は当番制で、げんき会を進めています。「毎回特色のある内容で、参加するのが楽しいのよ」とのことでした。また、お邪魔しますね。

 

両神区 介護予防教室

 

桜が満開の413日(水)、両神区の介護予防教室に伺いました。既に10年近く続くこの教室。

主催されている「ゆいの会」の皆さんは、もうベテランの方々、参加者さんの様子を見ながら、手遊びや歌を取り入れて、和やかに会を進めて行きます。

すこし時間は早かったのですが「もう、お腹がすいちゃった」の声を聞いて

公民館の外に咲く桜を愛でながら…おいしい洋風ちらし寿司を頂きました。

この和やかな雰囲気が、長く続いているヒントなのかもしれませんね。


この介護予防教室は、毎月第2水曜日 両神公民館で開かれています。

区民の方なら誰でも参加できます。

事前の申し込みも必要ありません。

是非、公民館へ お出でください。


伺ったこちらも、学ぶところが多い教室でした。

ありがとうございました。

12月16日(水)、柏木下区の介護予防教室にお邪魔をしました。この日は、近藤洋子先生を迎えしてフラワーアレンジメント教室を行いました。

昨年も先生を、お迎えして教室を開いているので、みなさん花の扱いに戸惑うこともなく、和気あいあいとした雰囲気の中で、自分や周りの方の作品を見比べつつ。あまり時間を掛けずに作品が完成していました。同じ花材を使って活けても同じものは一つとなく、それぞれ納得の出来栄えのご様子。生花の楽しみなところは「だんだんと花が開いていく様が感じられるところよね」との声も聴かれました。ホントにその通りですね。

 

今年もたくさんの介護予防教室にお邪魔させていただきありがとうございました。皆さま、よいお年をお迎えください。

10月13日(火)、東雲区の介護予防教室にお邪魔しました。

 

こちらの区では、むつみ会の方々が中心となって介護予防教室が開催されています。歴史は古くてもう十数年になります。

長く続く秘訣はなんでしょうか。むつみ会の皆さんにお聴きすると『参加者さんとのおしゃべりが楽しみなの』『みなさんの元気なお顔をみると、こちらも元気になるの』『とにかく、世間話がたのしいのよね』と全く気負った感じがなくて、自然体なのがヒケツかもしれませんね。

教室のはじまりは、体ほぐしから健康達人で紹介をしているストレッチも取りいれてくださっていますが、達人の時よりもみなさんの動きがよくて、びっくりしました。

他にも、『体ジャンケン』など体をいっぱいに使うゲームが次々と続きます。みなさんお疲れかしらと、顔を覗き込むと『笑顔』『えがお』でホントに楽しそうです。『普段あまり運動してないからね』『帰って、よく眠れるのよ』

 

みなさんは、この会を楽しみにしていらっしゃるのを肌で感じました。お元気な皆さんのパワーでこれからも益々お元気でたのしい交流を続けてくださいね。

ありがとうございました。

IMG_280211月24日(火)に開催された南ヶ原区の介護予防教室にお邪魔しました。
今回のテーマは「介護予防と介護保険制度」
小諸市地域包括支援センターの櫻井保健師からお話を聞きました。

介護予防のお話では、血管を守ることの大切さと生活の中でのポイントについて皆さんで確認されていました。
介護保険制度のお話では、南ヶ原区の高齢者人口や高齢化率という身近な数値を確認し、その後、今後の介護保険制度の方向性や地域での支えあいについて学びました。
お話の間にはストレッチ体操、そしてお話の終わりには二人一組になり、手を握り合う温かさの体験がありました。人と触れ合うと自然と笑顔になり、心が温かくなりますよね。

「こうやって笑い合うことも介護予防だねぇ」と教室終了後のお茶の時間に皆さんが話されている姿にこちらの心もほっこり。
南ヶ原区の皆さん、どうもありがとうございました。IMG_2801

IMG_8236

平成25年12月市町区で行われた給食会で荻野豊子先生の優雅なフラダンスの舞に出会い、先生を講師に招いて、平成26年4月より市町公民館で月2回のペースで行われています。

 

まずは、体をほぐすために基本のステップからです。ゆったりとした曲に乗って、カホロ、ヘラ、カオと皆さん順番にステップを踏んでいきます。

萩野先生から発せられる『そうじゃないべぇ~』『こうだべ~』ほっこりとした福島弁で和やかに教室は進みます。

IMG_8270

続いては『月の夜は』『アロハのこころ』の曲に合わせてフラを踊ります。フラダンスはご存知の方も多いかもしれませんが、その身振り手振りのひとつひとつに意味があり踊りで想いを表します。『久しぶりで体が曲に乗れないわ』との声も聞かれましたが、あふれる想いが観ているこちら側にも伝わってきましたよ。

 

今、練習している曲は『ザフラオニオニエ』です。ゆっくりとした動作ですが、さわやかな汗をかいて1時間の教室は終了となりました。

 IMG_8292

『市町公民館まつり』『老人会の総会や新年会』などでフラダンスを披露されていらっしゃるそうです。

 

市町区民のみなさん、このブログを読んでご興味をお持ちの方は是非参加してみてくださいね。たのしい時間を一緒に過ごしましょう!

 

 

 

IMG_8299

 

 

 

 

 

   IMG_1227 6月19日(金)、四ツ谷区で理学療法士の関口憲治先生を講師に招いての介護予防教室が行われました。

 

 四ツ谷区では年1回、関口先生の介護予防教室を行っているので、先生と参加者の皆さんはすっかり顔なじみ。教室開始前から公民館はとても賑やかです。

昨年の教室の事も皆さんよく覚えていらっしゃり、「去年なんて言ったか覚えています?」という先生の質問にもすらすら答えていました。IMG_1243

 

 この日は①筋力強化②ストレッチ③有酸素運動の効果について、それぞれ楽しくわかりやすい説明をしていただき、皆さん真剣に聞き入っていました。

 実践も交えての講義はとても楽しく、皆さん一生懸命体を動かして効果を実感。小雨の降る肌寒い日でしたが、公民館の中は熱気であふれていました。

 IMG_1261

 講義終了後、皆さんそれぞれ普段の痛みや効果的なストレッチ方法を先生に相談していました。参加された方のお一人は「病院に行くほどではないかなと思うけど、気になることをゆっくり聞けてとても良かった」とおっしゃっていました。

 

 

IMG_1432

IMG_0964 (2)   4月19日(日)、井子区で押し花インストラクターの髙橋次子先生を講師に招いての介護予防教室が行われました。

 

 井子区で押し花の教室を開くのは今回が初めてで、皆さん何をするのか緊張気味。ところが、先生が持ってきてくださったたくさんの押し花を開いた途端、花に負けないくらい明るい表情になりました。

 IMG_0976

 早速作業に取り掛かり、色とりどりの押し花を、はがきサイズの色画用紙にピンセットでそっと載せていきます。花畑のような作品、鉢植えのような作品、花束のような作品。皆さんの感性が光る1枚があっという間に出来上がりました。中には、花を鳥に見立てる芸術家のような方もいらっしゃいました。

 出来上がった作品をラミネートし、写真立てに入れて完成です。

 IMG_1003IMG_0994

 始まる前の不安そうな顔が嘘のようにどんどんアイディアが出て、一人2枚の作品作りがあっという間に終了しました。

 完成した作品をお互いに鑑賞し、最後に先生を囲んで、全員で記念撮影をしました。

  CIMG03673月24日(火)、森山区でレインボークローバーの各務定雄さん・雄太さんを講師に招いての介護予防教室が行われました。

 

各務さん親子はハーモニカ演奏を披露してくれるボランティアさんです。

雄太さんの演奏が始まると、参加者の皆さんはその音色に静かに耳を傾けます。

CIMG0365また、定雄さんの解説してくれる季節の歌を、雄太さんの演奏に合わせて参加者全員で合唱しました。

 何度もアンコールが起こり、時間が足りないほどたくさんの曲を演奏していただきました。

 

心に響く演奏に「感動したよ。また聴かせてね」「心が洗われた気分だった。ありがとう」との声が参加者の皆さんから聞かれました。

CIMG0369