平成30年11月14日(水)に平成30年度第8回在宅サービス調整会議が開催されました。

今回は介護経験者、介護中の3名の方からパネルディスカッション形式でお話しを聞きました。これまでの介護経験の中で大変であったこと、そのような中での理解者や支えてくれた人が誰であったのか、そして、介護を通じて嬉しかったことなど、前向きに介護が出来たお話しを聞くことができました。その後、グループワークを行い、「孤立しないことが前向きな介護につながったと思う」「ありがとうの言葉の大切さを改めて感じた」等の意見が出ました。