未分類

平成30年5月16日(水)に平成30年度第2回在宅サービス調整会議が開催されました。

今回の在宅サービス調整会議では小諸市役所厚生課、小諸市社会福祉協議会、小諸市地域包括支援センターより、事業説明がありました。

また、小諸市地域包括支援センターからは寸劇を交えて事業紹介をしていただき学習を深めることができました。

 

平成30年7月18日(水)に平成30年度第4回在宅サービス調整会議が開催されました。

今回の在宅調整会議では、「成年後見制度について」をテーマに学習会を開催しました。さく成年後見支援センターより後見制度について基本的な知識について講義をいただき、その後グループワークを行い学習を深めることができました。

平成30年8月29日(水)に平成30年度第5回在宅サービス調整会議が開催されました。

今回の在宅サービス調整会議では、甘利医院わだ院長の甘利悠先生による「高齢者が羅患しやすい疾患について」講義いただきました。体調不良を訴えている方に対して、基本として、①困っている症状が何かを聞く、②いつから、どんな風に始まったか、③他の症状はないか、④時間とともにどう変わってきているか、⑤元々どんな病気があって、どこに通っているかを確認していくことが大切なポイントになることを学ばせていただきました。

 

 

平成30年6月20日(水)に平成30年度第3回在宅サービス調整会議が開催されました。

今回の在宅サービス調整会議では「生活困窮者の支援」について、小諸市役所厚生課、まいさぽ小諸より講義をしていただきました。

生活困窮者に対しての支援について、学習を深めることができた。また、まいさぽ小諸より事例の発表があり、それぞれの事例に対し、①事例を通しての感想②自分だったら何が出来るかについてグループワークを行いました。

 

平成30年9月19日(水)に平成30年度第6回在宅サービス調整会議が開催されました。

今回の在宅サービス調整会議では、看護師部会から寸劇を通して事例の発表をしていただきました。その後、事例をもとに個人ワークとグループワークを行いました。参加された方々もそれぞれの立場から、本人、家族の支援について深く考えていくことができました。

 

2月14日は11月の会議で行った地域の困りごとについて、どんな方法で解決していくのかを個人ワークやグループワークから全体で情報共有を行いました。多職種が様々な視点で解決策について考え、共有することができました。

1月16日は、小諸市認知症市民公開講座と合同開催にて、認知症の人と家族の会伝田様、堀内様より実際に経験されたお話をお聞きしました。家族の想いについて深く考えさせられる内容となり、参加された多くの人が認知症やその家族について考える機会となりました。

12月20日は、2月の会議と合わせて、地域の困りごとについて考える学習会でした。今回は、多職種で地域の困りごとについて意見を出し合い、それぞれの考え方などについて共有しました。市での取り組みとして地域包括ケア推進における個別ケア会議や推進会議についても報告を受けました。